ビームセンス ST-VA解析ソフト Beamsense ST-VA

非可視の世界を3Dデジタイジング

G2解析例

X線可視装置で撮影した2枚以上の画像から3Dベクトルデータを生成するシステムです。

CT解析例

CTデータから、3Dベクトルデータを生成するシステムです。
複雑な構造の解析はCTデータを用いて、解析ソフト(CT-VA)でデジタイジングできます。

G2機能例

例)ワイヤーボンディング
従来の透視画では、横方向からみるとワイヤが重なり特定のワイヤのみ

CSV出力による表計算ソフトでの解析

3Dデジタイズ化したデータはCSV形式にて数値として出力することが可能です。CSVデータを表計算ソフトで解析することにより、何番目のワイヤが高い、低い、平均値を求めるなど統計処理が可能となります。

CT機能例

CT再構成法(SACT)で得られたCTデータからCT-VAソフトによりデジタイジング化が可能です。

CTオプションのご紹介

マイクロフォーカスX線透視装置(FLEX-M863)に、1軸回転機構ユニット(FLEX-U1RT)を取り付けて、X線源焦点とX線CCDの間でサンプルを一定の角度で回転させ、数百回の2次元X線画像の撮影を行います。
3次元断層画像の再構成を行います。この3次元画像を3次元表示ソフトで閲覧できます。
※FLEXシリーズは株式会社ビームセンスの製品です。
※CT再構成法 SACT(Simulated Annealing)法は京都工芸繊維大学で開発されました。


BEAMSENSE ビームセンス